えびす鍼灸整骨院・整体院

0227487710

自律神経調整

こんな症状で悩んでいませんか?

そもそも自律神経ってなに?

自律神経という言葉は恐らくほとんどの方が聞いたことがあると思います。詳しく言うと脈拍や血圧、発汗、消化運動などを調節している神経です。興奮や緊張している状態で優位になるのが交感神経、抑制やリラックスしている状態で優位になるのが副交感神経です。

通常はその二つの神経で状況に応じて、血圧や脈拍、発汗、消化運動などを調節しております。(例えば暑いときに汗を出したり、運度したときに血圧や脈拍を増やすなど)しかしながら、時に内分泌疾患やストレスから、その調節がうまくいかなくなることがあります。

そうなると、リラックスすべき状況で動悸がしたり、汗をかいたり、めまいがするといった症状が出現します。いわゆる自律神経失調という状態ですね。

自律神経失調症について

「自律神経失調症」というのは、それ自体で病名ではなく、色々な原因で起こる症状名です。原因の中で一番多いのはストレスや不眠からくる人です。不安や緊張している時というのは、交感神経が優位になります。そのような時間が一日の中でも長時間続くと調節障害が起こるのです。

同じような理由で夜眠れない方もリラックスする時間、つまり副交感神経が優位になる時間が少なくなるということになります。さらに自律神経の調節障害が起こるとますます不眠を認め、悪循環になってしまいます。

当院の治療について

自律神経失調の状態の方々の身体を診させてもらうと特徴的な症状がいくつかありますが、特に身体の歪みが大きいことと背中の固さが見受けられます。骨盤や背骨が歪んでいると交感神経が優位になり常に緊張状態をつくります。交感神経という事は活動(運動)しているときに優位に働く神経ですので、その状態では寝つきも悪くなって当然ですね。

骨盤、背骨の歪みを整え、筋緊張を緩めることによりリラックス状態をつくれば副交感神経が優位になり寝つきもよくなります。人間の身体は寝ている時に一番治癒力が上がります。質のよい睡眠が体調を整えるための近道です。

ページのトップへ戻る